陽気なハイキング 日和田山

川越の散策から日和田山へ
直行!

高麗川駅に着くとバスが即到着
お迎えのような不思議な感覚

巾着田で下りて日和田山へ
直行!

時間は2時半過ぎ

日の暮れる5時には山を下りないと厳しい
それだけ認識して(大丈夫)山登り

夕日が見たかった
あの岩で下界を眺めたかった

この日は時間がなかったので女坂
あっというまに頂上付近の金毘羅さまへ

ここから巾着田や富士山を眺めるのが好き
305メートルの低い山だが他とは違う爽快感

武蔵の国を開拓した高句麗の人々
この地の力と清々しさに希望を抱いたのだろう

平和で安心できる家族をつくる
地域住民(おそらく縄文の民)とも仲良く暮らす

そんな決意を感じる
日和田山と巾着田

川越に向かう電車で会ったリュックのカップル
わたしの前に座っていた二人も岩場で遭遇

暮らす場所でも同じ人に出会うことがない昨今
偶然の再会に不思議な思い(お互いに)

何度も会う人・・・・・は?
「なんか縁があるんだよな」

まったく別のことを考えさせられた
不思議な感覚

そして岩場を登って山頂
周辺地域の断層の影響で中心は盛り上がる

無理せずよじ登る

何年か前、冬至の日
夕日だけをビデオに収めた記憶

一陽来復

偶然にもここ数日の間で太陽は25期へ移行
ついに新しいサイクルに入ったようだ

変化

大好きな笑顔の菩薩岩(勝手に私が命名)
鳥居の下の絶壁は新しい夕日に笑った

陽気の山に安心感
程よいハイキングは体もほぐした

優しくて、愛を感じる、不思議な場所
二つの岩に座り、また見つめた

感謝

小江戸を散策 お芋天国

ちょっと気になって川越
駅から小江戸の町並みを歩く

肩の力を抜いて楽しめる街
景観もさることながら人並みもいい

ごちゃごちゃしていないところが好き

サツマイモのお菓子を食べ歩き
うなぎの匂いに食欲をそそられる

老舗と最近できた和風のカフェ
共存も気分がいい

市役所の先には川越氷川神社
どことなく温かな愛情を感じる森

家族への愛情
子供への愛情
夢見る乙女への愛情

名物の鯉のおみくじ
赤は「あん鯛」(安泰なる一年)
桃は「あい鯛」(恋のおみくじ)

願いがたくさん並んだ絵馬トンネル
微笑ましく感じるのはわたしだけだろうか

ちょっと気軽に、素直な気持ち
「神様お願いしますね」

安産子育てには戌(いぬ)
水神の傍らで戌岩が優しく見つめる

電柱も少なく空の広い小江戸
半日かけて満喫するもよし

わたしは昼過ぎに奥武蔵の山へ
八高線の高麗川駅から巾着田

日和田山に登って夕日を満喫

そんな楽しみ方もできる川越散策

力と浄化 御嶽と奥多摩

自分に合った温泉はいくつかある
中でも愛宕山を眺めながら沢の音を聞く

奥多摩が好き

御嶽(みたけ)で男性的なエネルギーを補給
そのあとは奥多摩に行くと決めていた

武蔵野線から中央線(青梅線)で青梅駅
ここまではいつもスムーズ

浦和からだと1時間半もかからない

青梅で奥多摩行を待つ
御嶽(みたけ)に着いたらバスを待つ

どんなに早くても2時間半の旅
ここからケーブルで中腹まで

この日はトレッキング目的ではない
のんびり武蔵御嶽神社に向かう

4,5年ぶりのご挨拶
見晴らし最高、関東平野を見渡す

富士山の女神を祀る産安社にお参り
神代欅の大木も元気に枝を延ばす

随神門(山門)を越えて本殿へ向かう
ところどころ葉も紅に染まる

とっても強そうな山犬が聖域を守る
圧倒される迫力と気品

本殿彫刻は龍と虎
側面にはうさぎが四体

金色の大鈴が印象的

社殿の奥に進む
蔵王権現の触拝柱が立っている
(以前はなかったような気がする)

御嶽(みたけ、おんたけ)に共通する蔵王権現
奈良の大峯山(金峯山)が山岳修行の本山

長野・岐阜の御岳山(おんたけさん)も同じ
国常立命、大己貴命、少彦名命などが神道系の神

その中に必ず水の神・滝の神も隠れる
おそらく古来神たる瀬織津姫

そんなことを考えながら更に奥へゆくと
奥社の立つ方向を祈る遥拝場

ヤマトタケル命が祀られる

ヤマトタケル命を守った山犬(ニホンオオカミ)
大口真神が御嶽神社の守り神(眷属神)

また、黒と金の社殿には全国の一之宮を祀る
風格のある造りは御嶽神社の旧本殿だという

とっても厳しいが有り難い守り神
感謝をささげて下山する

日も暮れてしまうので奥社は別の機会へ
今度はゆっくりと山を歩きたいと誓う

見渡せば夕刻まじかの空は青
広がる秋の雲も力強い

龍も遊び
紅葉も夕日に照らされる

また新しい御嶽(みたけ)の思い出が始まる
以前とは違った力を得られたような気がする

そして奥多摩へ
優しき愛宕山は奥多摩(奥氷川)のシンボル

温泉につかって過去から今への時間を癒す
心身ともにほぐされて星空

とっても有意義な日帰り旅でした

わたしに、ただいま